名古屋市瑞穂区の訪問介護・居宅介護 / 居宅介護支援 / 共同生活介護・援助の株式会社マザー

お問い合わせ窓口:24時間受付け tel 052-836-0294

マザーケアホーム 共同生活介護・援助

マザーの共同生活介護・援助 年中滞在可

マザーケアホームは10人の仲間で生活する所です。
毎日、朝・夕に世話人がご飯を作ってくれたり、悩みを聞いてくれたり(土日祝日や病気で日中支援を休まれた場合は昼食も出ます。)仲間で楽しく生活する所です。入居者のお誕生会、その他入居者に関わるお祝いの会などへの配慮や個々人のが希望する余暇活動への支援、あるいはみんなで付近のお花見や諸々の見学や音楽会への参加、外食や買物等、様々な文化的な活動も入居者の方々の希望や話し合いにより、可能な範囲で実践していきたいと考えております。様々な機会を設けて、入居者相互、職員間の信頼や親睦を深めるとともに、心豊かで潤いのある生活が送れるように努めていきたいと思っております。
専門的な知識を持った責任者が一人ひとりの特性に合せた個別の計画書を作成しているので、介護の必要な方でも安心してご利用いただけます。

周辺アクセス・環境

地下鉄名城線『瑞穂運動場東駅』まで徒歩5分・市バス『田辺通4丁目バス停』まで徒歩1分と交通機関へのアクセスが便利です。また、『日本さくらの名所100選』に選ばれた山崎川まで徒歩2分で行けるので春は気軽にお花見を楽しんでいただく事もできます。
瑞穂区内でも高台に位置しているため、日当たりも良く、名古屋市が作成している洪水・内水ハザードマップでも一番被害の少ない0.2m未満となっており、東海大豪雨の様な災害時にも安心して生活していただけます。

マザーケアホーム11の特徴

マザーケアホームの特徴

1.年中滞在可能

マザーケアホームでは一人ひとりのライフスタイルを応援したいという思いから日曜祝日・お盆・お正月等ご自宅に帰る事の出来る方も出来ない方もそれぞれの生活になるべく近づけたいという思いから年中滞在可能でご利用していただけるホームにいたしました。

2.防音設備

遮音性の高い鉄筋コンクリート造であり、更に防音ガラスを組み合わせることにより、ご利用者様が騒音に悩む事の少ない様にいたしました。

3.全室クッションフロアの導入

クッションフロアの特徴としては、歩行感や保温性に優れ耐水性があり、掃除やメンテナンスも楽である。また、弾力性も優れているので、転倒時の衝撃を吸収し下の階への音漏れ防止にもつながります。このクッションフロアを全室導入する事により、ご利用者様に快適に生活していただける様にいたしました。

4.プライバシー保護

全室ワンルームマンション構造とした為、共同生活の場でありながら、ワンルームマンション構造にする事により、共同生活のみではなじみづらい方でも無理なく過ごせる様にいたしました。また、鍵を管理出来る方には専用のお部屋の鍵をお渡しする事により、物盗りの訴え等の入居者間のトラブルを軽減し、より安心して生活していただける様にいたしました。

5.夜間の体制

世話人が夜間も常駐する事により夜間のトラブルや災害時等も安心して生活していただける様にいたしました。また、24時間年中無休の訪問介護とも連携体制が出来ているので夜間に世話人が1人で対応できない様なトラブルが起こった時はすぐに専門的な知識を持ったヘルパーが応援にかけつけられるようにしております。

6.食事

食事は暮らしの中でもっとも大切なもののひとつであり、楽しみでもあります。マザーケアホームでは、家族的な雰囲気の中で家庭料理をいただくような感じにしたいと思っております。入居者の方々の意向を取入れながら、栄養バランスに気をつけ、偏りがないように作っていくようにします。

7.入浴

毎日の入浴を基本としています。入浴時間も可能な範囲で入居者の方々希望に沿うように配慮していきたいと考えております。また、入浴支援の必要な入居者には職員を配置して、安全で快適な入浴になるように努めます。

8.入居者の自己選択・決定を大切に(権利擁護の問題)

出来る限り入居者本人の願いや思いに沿った支援をしていくように努めます。場合によっては本人に関わる様々な人達が集まって、本人を交えた議論を行い、自己選択や自己決定を保証していきます。

9.日中活動との連携

入居者の皆さんの安定した日々の生活を維持するため、日中通っている職場や施設等に、連絡ノート、電話、メール、必要な場合の訪問などにより、密に連絡・連携を図り、必要な情報を交換し安心して生活を送れるように努めます。

10.緊急時の対応

日常の安全を確保し、緊急時の対応に備えるためにマニュアルの作成と確認を行い、居住者・職員双方に安全に対する意識の高揚を図り、計画的に避難訓練も行っていきます。また、バックアップ事業所である『マザー介護サービス』及び『マザーケアサービス』との連携体制を組んでいきます。入居者の急な病気や怪我などで職場や施設等にいけなくなった場合や、日中活動の場(職場や通所施設など)で具合が悪くなって迎えにいく、病院で治療を受けるために付添う必要な場合などに対応できる体制を組んでいきます。

11.相談業務

必要に応じて利用者、保護者、後見人等との会議や面談を実施し、個別支援計画の作成をおこないます。現状の報告やその他必要な情報提供をし、常に相談ができるシステムを構築していきます。必要な社会資源をうまく利用するマネジメントをおこないます。(移動支援等、各種ヘルパーの手配など)
マザーケアホームに関するご意見・ご要望については、施設の職員が苦情受け付け担当者ですから、相談してください。サービス管理責任者及び管理者が対応します。

マザーケアホームの特徴

安心してご利用いただけます。

マザーケアホーム

施設ご紹介

マザーケアホームは地震に強い鉄筋コンクリート造りで安心です。

騒音防止用に防音ガラスを設置。各部屋ワンルームマンション構造の為、プライバシーの保護にもしっかり配慮。世話人が夜間も施設内に常駐しているので安心。全室冷暖房・クッションフロアー・クローゼット・下駄箱完備。共用スペースでは50インチの大画面TVでおくつろぎいただけます。

写真をクリックすると拡大して表示します。

お部屋 リビング 事務所 廊下 浴室・トイレ 管理人室 階段 外観

マザー介護サービスのスタッフ紹介

管理者 長谷川美保

担当役員 長谷川美保

以前は接客業のチーフとして活躍していました。
笑顔とコミュニケーションには自信があります。
明るいホームで皆様と楽しく生活していきたいと思っております。

サービス提供責任者 林由子

サービス管理責任者 長谷川節子

皆様と一緒に寄り添いながら一人ひとりに合せた支援をおこない、
やすらぐ憩いの場所として暮らしていただくことが私達の幸せです。
お困りの事がありましたらなんでも相談してください。

お問い合わせ

サービスについてご不明な点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。
FAXでのお問い合わせの場合1営業日ほどお時間をいただく場合がございます。

  • tel 052-836-0294
  • fax 052-836-0291
  • フリーダイアル 0120-08-0294